桜Worksが贈る「輸入雑貨のある暮らし」

輸入雑貨を使って、日常の中に、ほんの少しの彩りを

生活役立ち情報

インフルエンザが本格流行!その予防、大丈夫ですか?

投稿日:2018年1月7日 更新日:

毎年、学級閉鎖になる程流行してしまうのが、インフルエンザ。大人だけでなく、お子様をお持ちの親御さんにとっては、心配な時期ですね。

そこで、今回はインフルエンザにかからないための正しい予防の紹介をしていきましょう。難しい内容ではないので、今すぐ実践してみてください。

目次
1.インフルエンザ予防法、普段の健康管理
2.インフルエンザ予防法、マスクの着用
3.インフルエンザ予防法、うがい手洗い
4.インフルエンザの予防法、湿度管理
5.インフルエンザの予防法、まとめ

1.インフルエンザ予防法、普段の健康管理

ジョギング
出典:写真AC

インフルエンザに限らず風邪などのウイルスは、免疫力が低下している時に感染しやすくなります。そのため、一番の予防法は、規則正しい生活になります。

・起きる時間と寝る時間をある程度決め、ぐっすり眠る。
・食事はなるべく3食バランス良く摂る。
・少しでも日光を浴びておく。
・就寝前には入浴をして心身をリラックスさせる。

どれも当たり前のことですが、これが大事です。

忙しくて朝食を食べられないという人は、カロリーメイトやヨーグルトなどで栄養を補給するだけでも違います。少しだけでも栄養を補給しておこうと意識してください。

また、休日前に極端に夜更かしをすることを避けて、睡眠の質を高める工夫をしましょう。布団の温度や、寝室の明るさ、湿度を調整して、ぐっすり眠れる環境を作りましょう。

 

2.インフルエンザ予防法、マスクの着用

マスク
出典:写真AC

次に効果的なのは、マスクの着用です。インフルエンザウイルスは、咳やくしゃみから飛沫感染をする可能性があるので、公共交通機関や人混みの場所に行く時は必ずマスクを着用しましょう。ウイルスを保持している人が全員マスクをして気を遣ってくれるとは限りません。外出時は、飲食をする時以外はマスクは常時着用しておくと飛沫感染のリスクが減ります。

また、飲食などをしてマスクを外したら、次に使う時は新しいマスクを用意しましょう。一度外してしまうと、口が触れる内側にウイルスが触れる可能性があります。マスクは使い捨て、割り切って新しい物に取り替えましょう。

 

3.インフルエンザ予防法、うがい手洗い

手洗い
出典:写真AC

インフルエンザウイルスは、飛沫感染だけでなく、接触感染でも感染します。接触感染は、インフルエンザウイルスが付いた手でつり革や手すりを触り、第三者がそのつり革や手すりを触った手で自分の口に触れたり、食材を触ることで感染します。

この接触感染の予防には、飲食前と帰宅時のうがい手洗いが欠かせません。ハンドソープをしっかりと泡立て、指の間や爪の間まで丁寧に洗いましょう。仕上げにアルコールを付けると、より殺菌効果が高まります。

自宅でハンドソープを使うなら、桜Works小さくておしゃれなディスペンサーがおすすめです。

ディスペンサーディスペンサー2

ソープトレイも、ディスペンサーと同様におしゃれなアイテムがあります。

ソープトレイソープトレイ2

こうした輸入雑貨を使うことで、おしゃれ感を高めつつ、インフルエンザをしっかりと予防することができます。

 

4.インフルエンザの予防法、湿度管理

加湿器

冬はストーブや暖房を使うので、室内が乾燥しやすくなります。空気が乾燥すると、ウイルスの活動が活発になってしまい、よりインフルエンザに感染しやすくなります。家庭内での感染を予防するためには、加湿器を使いましょう。

リビングなどの家族が集まる場所と寝室を加湿しておくと、インフルエンザウイルスに感染するリスクがグッと減ります。厚生労働省のホームページでも、加湿器の使用を推奨していました。

空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。

                        厚生労働省HP

このようなプラズマクラスターを搭載した加湿器から

このようなアロマディフューザーまで様々な加湿器があるので、デザインや性能を比較して好みの加湿器を探してみてください。

 

5.インフルエンザの予防法、まとめ

インフルエンザを予防するためには、規則正しい生活を心がけましょう。生活が乱れ、体調やメンタルが崩れるスキを、ウイルスは見逃しません。

また、ウイルスに接触感染しないよう、外出時は必ずマスクを着用し、外での飲食や帰宅した時には必ずうがい手洗いをしましょう。できれば、アルコール消毒までしておくと安心です。

室内では、加湿器を利用しましょう。湿度を保つことで、ウイルスは活動ができなくなり、家族間での感染を予防できます。お年寄りや小さなお子様がいらっしゃるなら、なお更家族間での感染に気をつけましょう。インフルエンザは症状の変化が早いので、重症化してしまう危険性があるからです。

 

インフルエンザを予防して、日々の生活を楽しく過ごしましょうね!

 

以上、輸入雑貨の桜Works店長のユザワでした。

-生活役立ち情報
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした