桜Worksが贈る「輸入雑貨のある暮らし」

輸入雑貨を使って、日常の中に、ほんの少しの彩りを

輸入雑貨

シャビーシックの意味とインテリアへの取り入れ方

投稿日:2018年1月1日 更新日:

ネットショップや雑誌でインテリア雑貨を見ている時に、「シャビーシック」という単語を見たことはありませんか?日常生活ではあまり使わないこのシャビーシックという単語ですが、今回はこのシャビーシックという言葉の意味とシャビーシックの実際の使い方紹介していきたいと思います。

目次
1.シャビーシックとは?
2.シャビーシックな商品を見てみよう!
3.シャビーシックの取り入れ方
4.シャビーシックについてのまとめ

1.シャビーシックとは?

シャビーシック1
出典:写真AC

シャビーシックは、シャビーとシックという2つの単語を合わせて作られた造語です。起源は、1989年にアメリカのカリフォルニア州にオープンしたライフスタイルショップ「SHABBY CHIC(シャビーシック)」だと言われています。

シャビーは、

・みすぼらしい
・粗末
・古い

というあまり良くない意味合いの単語。

もう一方のシックは、

・上品
・あか抜けた
・優雅

という華やかな意味合いの単語です。

 

オーナーであるイギリス人のレイチェル・アシュウェル氏が提案する、古く上品な質感の商品を表現するには、シャビーシックはぴったりな言葉でした。このシャビーシックで販売された商品は、口コミから話題となり、多くの人々が次々とお店に押し寄せる程の人気となり、やがてシャビーシックは世界各国で愛される存在になりました。

 

現在では、西洋のおしゃれな「フレンチシャビー」というスタイルなども誕生し、シャビーシックの人気は衰えを知りません。

フレンチシャビー
出典:Home Park

・おしゃれ
・上品
・落ちついた雰囲気
・かわいらしさ

これらの要素を全て兼ね揃えたのが、シャビーシックです。

 

2.シャビーシックな商品を見てみよう!


出典:輸入雑貨の桜Works

実際にシャビーシックと位置づけられる商品について紹介していきます。

こちらはフランスの高級家具メーカーである「Country Corner(カントリーコーナー)」社の壁掛け時計です。このように、白家具やナチュラルな家具に、擬似的に使用感やアンティークテイストをプラスしたものを、一般的にはシャビーシックと呼んでいます。

シャビーシックにすることで、ごくごく普通のナチュラルな壁掛け時計から、非常に落ち着いた大人っぽい質感の壁掛け時計になりましたね。

 

こちらのハンドミラーも、同様にシャビーシックな質感ですね。シャビーシックは、このように、家具だけでなくインテリア雑貨の中にも多く取り入れられています。雑貨なら敷居が低いので、ちょっと試してみようかなって思えますね!

 

3.シャビーシックの取り入れ方

シャビーシック2
出典:写真AC
実際にあなたの生活にシャビーシックを取り入れるなら、小物入れなどのインテリア雑貨から揃えることをおすすめします。シャビーシックな家具は高価な物があるので、テーブルやテレビボードなどからいきなり取り替えるのは金銭的に負担となってしまうからです。

こちらの卓上型の時計や

こちらのレターケースなどのインテリア雑貨から徐々にシャビーシックを取り入れましょう。あなたのお部屋を落ち着いた大人の雰囲気にしつつ、経済的にも優しいです。

 


出典:キナリノ

こちらの画像のお部屋は、シャビーシックの雑貨を上手く取り入れて落ち着いた大人の空間を演出しています。物は多い印象ですが、シャビーシックの質感のおかげで、汚いなどのマイナスなイメージがありませんね。

こんなお部屋で淹れたてのコーヒーを飲んだら、隠れ家的なカフェにでも来たかのような贅沢でゆったりとした時間を過ごせるでしょう。

 

 

シャビーシック5
出典:materi style

こちらは、白を基調としてやや女性的で上品な空間を作っています。淡く儚い色合いと、落ち着いたシャビーシックな雰囲気との掛け合わせは、一言では表現できないような深みと落ち着きを提供してくれます。

 

上品ではありますが、綺麗過ぎたりゴージャス過ぎないのがシャビーシックの良いところ。特に、日々、家事や仕事に追われやすい多忙な女性には、このような心を休められる落ち着いた空間が必要だと私は考えています。

 

4.シャビーシックについてのまとめ

今回は、シャビーシックという単語と、取り入れ方の簡単な紹介をしました。

ちょっと敷居が高いと感じてしまっているあなた、大丈夫です。シャビーシックは、誰にでも合わせやすくて簡単に落ち着いた雰囲気を作れるので、インテリアに詳しくない方にもおすすめです。

 

これから春になって、本格的な引越しシーズンがやってきます。一人暮らしを始める学生や新社会人、新しい職場で働く社会人。実際に家具屋や雑貨屋に脚を運んでみたり、色々なインテリアの雑誌等を見て、どういうお部屋で生活していこうか思いを馳せてみましょう。

 

家は、勉強、仕事、恋愛、家庭、健康、全ての基盤となる大切な場所です。贅沢をしろとは言いませんが、楽しく幸せな毎日を過ごすために、自分らしいお部屋や空間を作ってみてください。

 

以上、輸入雑貨の桜Works店長のユザワでした。

-輸入雑貨
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした